山形県の観光 イベント・祭り情報 東北の奇祭 ややまつり

東北の奇祭 ややまつり
開催日 2010年1月17日(日)
時間 13:00~
場所 庄内町 千河原八幡神社
内容 庄内町千河原(チガワラ)集落に古くから伝わるこの祭りは、雪降りしきる厳寒の中で、素裸にケンダイと呼ばれる腰ミノ姿の子供達が何度も冷水を浴び、安産と無病息災・身体堅固を祈願する東北の奇祭です。また、若者達も冷水を浴びながらお百度参りを行います。手桶で何杯も冷水を浴びる光景は厳粛であり、見物人が思わず身震いしてしまいます。
※第十五代応神天皇の皇子・大山守命が、悪臣の謀反にあって千河原に逃れ、村の草分け弥左エ門宅の産部屋に隠れた。皇子は、自分の身の苦しみも忘れて隠まってくれた産婦に対し「私はたとえ死んでも神となり、お前の身を守ってやろう。また世の産女の安産を祈ってやるが、もし難産の場合は私の名を唱えよ。必ず助けてつかわす」と申し、村をあとにした。この物語がやや祭りの由来といわれている。
また、やや祭りと言われるようになったのは、水かぶりの行事が終わり、神宿に戻った若者達が互いに裸の体をワラ束で打ち合う奇妙な行事を始める。この時、ヤァヤァと掛け声をかけるためといわれている。(現在は水かぶりの行事を主に行っている)
交通手段 余目駅から車で5分
問合先 庄内町観光協会
TEL 0234(42)2922

ワンポイント 山形県の観光案内

勝海舟書扁額
所在地 遊佐町蕨岡上寺 鳥海山大物忌神社蕨岡口ノ宮
参考  この神社の拝殿正面に、緑青色を帯びた重厚感のある掲額がある。文字は「光満六合」(光六合に満つ)と刻まれ、原書は幕末の名筆家、高橋泥舟・山岡鉄舟とともに、三舟の一人と評された勝海舟の揮毫による貴重な扁額である。刻字は、高瀬北目出身の菅原大三郎の手になるものである。大三郎は明治29年東京美術学校彫刻科を卒業。奈良の唐招提寺をはじめ、多くの国宝修復に主任として活躍した人で、生家の母堂像ほか、町内にも作品が残っている。
形状●縦775cm 横1680cm 厚さ10cm 刻字●菅原大三郎
問い合わせ先 遊佐町教育委員会 TEL 0234-72-3311



このサイトに関して
・投稿内の情報は出来るだけ正確なものを掲載しているつもりですが、開催者の予定変更、天候による延期・開催中止の場合があります。必ず、開催者・問合せ先等に確認してください。

リンクに関して
・インデックスのページだけでなく、すべてのページにリンクしていただいて構いません。
・相互リンクも歓迎します。特に観光、イベント、祭りのサイト様はよろしくお願いいたします。但し、アダルト関連 また、キャシングローン、クレジットカード、サラリーローン、消費者金融、生命保険、自動車保険、株式投資等のサイト様はお断りさせていただきます。

この記事にコメントする

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン