山形県の観光 イベント・祭り情報 東北の奇祭 ややまつり

東北の奇祭 ややまつり
開催日 2010年1月17日(日)
時間 13:00~
場所 庄内町 千河原八幡神社
内容 庄内町千河原(チガワラ)集落に古くから伝わるこの祭りは、雪降りしきる厳寒の中で、素裸にケンダイと呼ばれる腰ミノ姿の子供達が何度も冷水を浴び、安産と無病息災・身体堅固を祈願する東北の奇祭です。また、若者達も冷水を浴びながらお百度参りを行います。手桶で何杯も冷水を浴びる光景は厳粛であり、見物人が思わず身震いしてしまいます。
※第十五代応神天皇の皇子・大山守命が、悪臣の謀反にあって千河原に逃れ、村の草分け弥左エ門宅の産部屋に隠れた。皇子は、自分の身の苦しみも忘れて隠まってくれた産婦に対し「私はたとえ死んでも神となり、お前の身を守ってやろう。また世の産女の安産を祈ってやるが、もし難産の場合は私の名を唱えよ。必ず助けてつかわす」と申し、村をあとにした。この物語がやや祭りの由来といわれている。
また、やや祭りと言われるようになったのは、水かぶりの行事が終わり、神宿に戻った若者達が互いに裸の体をワラ束で打ち合う奇妙な行事を始める。この時、ヤァヤァと掛け声をかけるためといわれている。(現在は水かぶりの行事を主に行っている)
交通手段 余目駅から車で5分
問合先 庄内町観光協会
TEL 0234(42)2922

ワンポイント 山形県の観光案内

阿弥陀屋敷
所在地 西川町間沢吉川
交通 山形交通間沢バス停より車5分
参考 嘉永元年(1225)大江広元が没すると承久の乱で敗走して寒河江荘に潜居していた。親広は深く父の死を悲しみ、鎌倉にわたった親広の長男佐房に命じて弥陀像を造らしめ、吉川の館に弥陀堂を造り安置せしめた。この像の胎内に多田満仲の念持仏と父広元の遺骨を納入して日夕香華を手向けた。仁治2年(1241)弥陀堂を現在地に移建した。
問い合わせ先 西川町役場商工観光課 TEL 0237(74)2111



このサイトに関して
・投稿内の情報は出来るだけ正確なものを掲載しているつもりですが、開催者の予定変更、天候による延期・開催中止の場合があります。必ず、開催者・問合せ先等に確認してください。

リンクに関して
・インデックスのページだけでなく、すべてのページにリンクしていただいて構いません。
・相互リンクも歓迎します。特に観光、イベント、祭りのサイト様はよろしくお願いいたします。但し、アダルト関連 また、キャシングローン、クレジットカード、サラリーローン、消費者金融、生命保険、自動車保険、株式投資等のサイト様はお断りさせていただきます。

この記事にコメントする

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン